寝姿勢が身体に与える影響とは?

こんにちは!ストレッチヒーロー出雲店です!

 

普段の生活で猫背や反り腰は気にしても【寝る時の姿勢】にまで意識を向けることは少ないでしょう。ですが、睡眠時の正しい姿勢は疲労回復・睡眠の質にも影響を与えます。

今回は寝姿勢の種類と特徴、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

仰向け

 

・メリット

背骨が真っすぐになるので猫背の改善が期待できます。また、体にかかる圧力が分散されるため身体に負荷がかかりにくく、血流が促進されるので疲労効果にも繋がります。そして、寝返りが打ちやすいという点で一番理想的な寝姿勢と言われています。

 

・デメリット

舌が重力によって下に落ち気道が狭くなるので、いびきや睡眠時に呼吸が止まる恐れがあります。

 

 

横向き

 

・メリット

気道が狭くなりづらく呼吸がしやすくなります。

右向きで寝ると心臓の位置が上になるので心臓にかかる負担を軽くすることができます。また、消化器系の働きを良くする効果もあります。

左向きの場合は、リンパ液の分泌を良くする効果があるため、老廃物や体内の毒素の排出を促すことが期待できます。

 

・デメリット

身体の片方に負担が集中して身体が歪みやすい・巻き肩の原因に繋がるなどです。

 

 

うつ伏せ

 

・メリット

気道が確保されやすいので、いびきの改善や睡眠時無呼吸症候群に効果があると言われています。また、腹式呼吸がしやすくなり自律神経のバランスが整います。

 

・デメリット

全身の重みで胸や横隔膜が圧迫されるので心臓に負担がかかりやすいです。心臓病や高血圧の方は注意が必要です。また、うつ伏せに寝ると首を左右どちらかに曲げるので首にも負担がかかりやすいです。

 


今回は3つの寝姿勢を紹介しました。それぞれにメリット・デメリットがあるので症状や目的に合わせて寝姿勢を変えてみましょう。

 

 

【ストレッチ専門店 ストレッチヒーロー出雲店】
島根県出雲市小山町346-3 izumoTERRACE A-1
☏0853-31-9879
stretchhero@gmail.com
◇営業:10時~20時 ◇定休:火曜日・金曜日
◇出雲店へのご予約はこちらから⇨
https://bit.ly/3ntF3fW

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP