坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とはお尻から足先にかけて痛みやしびれなどの症状のことを指します。症状が悪化すると歩行や立ち上がることが困難になることも。また、立っているのも辛くなることがあるので注意が必要です。

 

・原因

〇腰部脊柱管狭窄症

背骨には脊髄を通すトンネル(脊柱管)があり、加齢によって腰のあたりにある脊柱管が狭くなることで神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれなどの症状が出ます。

 

〇腰椎椎間板ヘルニア

重労働や過度な運動、長時間のデスクワークなどによって腰に負担がかかると背骨の椎骨と椎骨の間にあるクッション(椎間板)の一部が飛び出します。飛び出した椎間板の一部が神経を圧迫して痛みなどが起きます。

 

〇梨状筋症候群

お尻の奥にある梨状筋が日常生活やスポーツなどを繰り返すと硬くなり坐骨神経を圧迫し痛みが出ます。

 

多くの場合は腰椎に異常が生じて坐骨神経を刺激・圧迫して症状が出ます。悪化する前に早めの対策が必要です。

 

 

・対策

〇ストレッチで筋肉を伸ばして緊張をほぐす

〇長時間同じ体勢をとらない

〇肥満の方であればダイエットする

 

なにも対策をとらなければ歩くことすら困難になってしまう坐骨神経痛。生活習慣を見直すとある程度予防・改善につながります。ただ、ストレッチやダイエットは無理のない範囲で行いましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP